形成外科

ビル

形成外科の手術と美容整形の手術の違い

美容整形外科は外観の美しさを治す審美目的の治療になります。
健康な体に施術します。
審美目的のため、公的な保険の適用を受けることができず、治療にかかる費用は全て自己負担になります。
目を二重まぶたにしたり、鼻を高くしたり、胸を大きくしたりと、女性が好むような施術、手術をおこなってます。
美容整形とは異なりますが、同じような治療を行うのが形成外科です。
形成外科は公的な保険の適用を受けることができる治療です。
形成外科は、生まれながらにして持っているからだの奇形、やけどなどによる皮膚のキズ修正、切断された指の縫合手術、眼腱下垂の治療を行います。
外観を治す治療であることは美容整形外科と同じですが、形成外科は、病気、怪我、生まれながらに夜奇形を治すといった治療になります。
しかし、この2つの治療の効果としては、精神的なコンプレックスが解消されるといった点は同じです。
同じような施術内容から、間違いやすいのがポイントです。

関連情報一覧

形成外科で美しさをとりもどそう

形成外科の手術と美容整形の手術の違い

受信者の増加してきつつある形成外科

形成外科の治療とその内容について